NIKKEI ASIAN REVIEW

躍進するアジア経済の本質を読み解く英文メディア

WHY SUBSCRIBE?

ここでしか読めないアジアのビジネス、政治、経済コンテンツをお届け

Exclusive business reporting

日経の取材網に加えアジア有数のビジネス情報専門メディアとも提携し、IT業界中心に注目のアジア企業や新進気鋭の起業家を幅広くご紹介。ミクロのレンズを通して、サプライチェーン再編など大変革期を迎えたアジアビジネスの潮流を克明にリポートします。

Original views from Asia

当局者の何気ないひと言や統計データが発する微妙なシグナルをくまなくキャッチ。外側からはわかりにくいアジアの政治やマクロ経済を解析し、その先行きにも光を当てます。

Never miss a story

忙しくて毎日ウェブサイトをチェックする時間がない方にお薦めなのは、多彩なニュースレターの数々。ウイークデーには編集部が厳選したアジアや日本の必読ニュース、週末にはその週で最も読まれた記事や注目のオピニオンなどをご紹介します。購読者の方々にはFinancial Timesと共同制作したアジアのテクノロジー情報も週刊でご提供します。

Politics and policy made clear

アジアに精通した政策当局者や学識経験者らがアジアの視点で書いた、タイムリーなオピニオン記事をご提供。元首相や中銀総裁経験者など、裏の裏まで知り尽くした専門家がひと味違ったアングルをご紹介します。

Asia300

日本を除くアジアで注目すべき実力企業を日本経済新聞/Nikkei Asian Reviewが厳選。大企業から新興企業まで含む約300社の上場企業を定点観測することで、グローバルビジネスにおけるアジア企業の立ち位置が見えてくるようになります。

Nikkei and Financial Times

Nikkei Asian Reviewは日本経済新聞社とFinancial Timesが持つ取材網などのリソースをフル活用した英字媒体です。アジアの未公開企業に精通したDealStreetAsia(本社:シンガポール)や、中国の新興企業に詳しい36Kr(本社:中国)とも提携しており、コンテンツを提供するパートナーは広がりつつあります。

読者の声

  • 欧米メディアでは私たちが必要とするレベルまで深掘りされたアジアに特化した情報が手に入らない。我々にはアジアを本拠地としアジアに特化した媒体が必要で、その視点では唯一Nikkei Asian Reviewは信頼できる情報源だ (大手証券会社)
  • アジアの産業や政策の動向を含め、市場調査に便利だ (外資系自動車部品メーカー/マーケティング担当者)
  • アジア域内のクロスボーダーなM&Aの情報をチェックするのに役立っている (外資系法律事務所/司書)
  • 顧客に関する情報収集のほか、税制改正を巡る新たな動きなども参考になった (大手監査法人)
  • 他媒体に比べアジアの視点で書かれた記事が多い点が良い。また、オピニオン記事が多いのもの参考になる。 (大学・教育機関)

購読プラン

 

デジタル

デジタル + プリント

1ヵ月

US$ 17.99

US$ 27.99

3ヵ月

US$ 41.99

月額US$ 13.99
1カ月プランより22%お得

US$ 71.99

月額US$ 23.99
1カ月プランより14%お得

12ヵ月

US$ 119.00

月額US$ 9.99
1カ月プランより44%お得

US$ 239.99

月額US$ 19.99
1カ月プランより28%お得

よくあるご質問

法人契約はありますか?
法人契約もお取り扱いしております。こちらよりお問い合わせください。(日本語でお問い合わせいただけます)
アプリは別契約ですか?
Nikkei Asian Reviewの有料会員になれば、アプリもウェブサイトと同じID・パスワードでご利用いただけます。アプリのみの契約もありますが、ウェブサイトのすべての記事は読めません。
支払方法は選べますか?
クレジットカードかPayPalからお選びいただけます。クレジットカードはVisa、Master、American Expressがご利用いただけます。
購読開始後にプラン変更はできますか?
ウェブサイトの「Your account」ページでプランの変更を受け付けており、契約自動更新時にプランが切り替わります。